基礎工事・剛床構造    さくらハウジングの家

基礎工事・剛床構造

― 安全性に優れた木造軸組工法で
                  
快適な住まい ―

基礎    -the basics-

ベタ基礎


基礎の立ち上がりも含め、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

建物の荷重を床板全体で
受け止めるので、圧力を分散させます。


地面をコンクリートで覆うため、
地面からの湿気を防ぎ、
シロアリの侵入も防ぎます。

基礎パッキン


湿気対策として、床下空間の通風を確保するための部品です。

床下の換気を良くするために、基礎と土台の間に隙間をつくることで、
床下環境を守り耐久性を高めます。

床   -Floor-

剛床構造

地震や台風時などの水平方向の
揺れに対する強度を高める
【ネダレス工法】採用の構造です。

剛床工法 別名:ネダレス(根太レス)工法


根太を設けず横からの水平力に
抵抗させるために、厚みのある
床下地合板を用いた床組みです。

ネダレス工法(根太レス工法)

床の下に構造用合板を敷き、
全体の床を一体的な構造にします。

一体化した盤をつくることで水平体力が上がり、
一般的な床組の
3倍近い強度になり、
又1階の耐力壁に対する力が分散し、
全体の耐力壁で、全体の揺れを支え、
耐震性が向上します。

 

床なりの防止や防音性にも効果があります。

お問い合わせ